« 2008年7月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

越後妻有アートトリエンナーレ出展作家、プレ映像を公開

2009年7月26日(日)〜9月13日(日)に開催される「越後妻有アートトリエンナーレ」の出展作家の一人である三田村龍伸さんが自身のHPで出展映像のトレーラーを公開しています。

三田村龍伸HP

 越後妻有アートトリエンナーレHP

| | コメント (50) | トラックバック (0)

鑑賞カードセット...和歌山県立近代美術館

絵の中の「人」に焦点を当てた展覧会が和歌山県立近代美術館で開かれていますが、
同館では平成20年度文化庁・芸術拠点形成事業(ミュージアムタウン構想の推進)として、「児童生徒がこのコレクション展に親しみ、それぞれの感性を育み、想像力を豊かにできるような鑑賞教材」を制作、配布している。教材は2008年8月から12月まで近代美術館、和歌山県美育連盟、和歌山市美育協会、和歌山大学教育学部、NPO和歌山芸術文化支援協会、和歌山県立近代美術館図書ボランティアのメンバーが共同し作り上げたとされている。

鑑賞カードセットの概要
対象;主に小学校5年生、6年生
■A5サイズ13種類の鑑賞カード
■A5サイズ、24ページの解説冊子
■シールのシート
■上記を入れる紙製のフォルダー
制作部数:4,000部
先着順で無料配布

○和歌山県立近代美術館
www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/supporter/kyouzai2008.htm

続きを読む "鑑賞カードセット...和歌山県立近代美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斎のデジタル複製画を寄贈...長野県信濃美術館

長野県信濃美術館が最新のデジタル技術で複製した葛飾北斎の天井絵2点を本物の天井絵を有する小布施町の北斎館に贈ったと信濃毎日新聞が報じている。

今年は善光寺のご開帳もあります。長野近郊の美術館業界は活気がでそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「子どもたちが映画監督になる日」を開催...せんだいメディアテーク

2月7日(土)、せんだいメディアテークで映像教育をテーマにしたトークセッションが開催されます。

____
クリエイティブ・カフェ仙台「子どもたちが映画監督になる日」

生まれながらにしてデジタルビデオとパソコンに囲まれた現代の子どもたちは、
大人たちの想像以上に映像に対して敏感、そして柔軟です。
子どもたちの感性や表現力を身近にあるメディアを使って育むことができるのか?
現場で奮闘するみなさんをゲストに迎え、映像を使った先進的な活動などについて語り合います。

ゲスト/
土肥悦子氏((有)シネモンド代表 金沢コミュニティシネマ幹事)
椋尾 倫己氏(flipmook)
横山 美喜子氏(トコトン実行委員会)

司会進行/小川 直人(せんだいメディアテーク )
日:2009年2月7日(土)
時間:14:00〜
会場:せんだいメディアテーク スタジオa+ラウンジ
入場方法:参加料無料
※要事前電話申し込み(1/8から)
先着順。定員になり次第締め切りとなります。
※定員 40名
問い合わせ:仙台市市民文化事業団事業課
TEL 022-301-7405(平日9:00〜17:00)

仙台市市民文化事業団HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミナ・ペルホネンの制服...青森県立美術館

2009年1月から青森県立美術館のユニフォームがミナ・ペルホネンのデザインに一新された。ゆったりとしたワンピース型。

ミナ・ペルホネン、そういえば国立新美術館のB1にあるショップ「スーベニア・フロム・トーキョー」での展示を行ってましたね。このブランドの服たちがもっている雰囲気のように、やんわりふんわりの対応だと嬉しいですね。

青森県立美術館ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野外作品の破損...十和田市現代美術館

十和田市現代美術館に設置されているチェ・ジェンファの屋外作品《フラワー・ホース》が破壊されたとのこと。

○nikkansports.com
www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20090102-446178.html

○破壊された作品はこちらで確認できます。
www.city.towada.lg.jp/artstowada/artist/index.html

○十和田市現代美術館HP
www.city.towada.lg.jp/artstowada/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リソー教育、軽井沢に美術館建設予定

首都圏で個別指導の学習塾を経営するリソー教育会長が2010年、軽井沢町の矢ケ崎公園に美術館を建設し町に寄贈する、と信濃毎日新聞が報じている。 美術館の設計を複数業者によるコンペで決める意向。

不況、不況といわれている中でこうしたニュースは嬉しいです。

○信毎web(信濃毎日新聞)
www.shinmai.co.jp/news/20090121/KT090120SJI090009000022.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期館長は逢坂恵理子氏...横浜美術館

東京新聞TOKYOwebによると、横浜美術館の次期館長が森美術館のディレクター逢坂恵理子氏に決まったとのこと。就任は2009年4月。

○東京新聞TOKYOweb
www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20081230/CK2008123002000092.html?ref=rank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新美術館の基本計画まとまる...秋田県

秋田県の新美術館基本計画策定委員会は15日の最終会合で、常設展示の完全入場無料化などの基本計画をまとめたと河北新報が報じている。同美術館計画では、安藤忠雄氏への設計依頼が策定委員会を無視して進められたため委員の間には不信感が拡がっていたとのこと。

○河北新報ニュース
www.kahoku.co.jp/news/2009/01/20090116t41004.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開館時間を変更...岩手県立美術館

2009年4月から岩手県立美術館の開館を現行の午前10時から午後7時までを午前9時半から午後6時までに変更すると岩手日報が報じている。夕方以降の利用者が少ない一方、観光客や学校などから開館時間を早めるよう希望する声が出ていたとのこと。遅めの閉館は夜型には助かるのですが、7時閉館では確かに仕事帰りに行くには時間が足りないような気もします。

○岩手日報web news
www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090122_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOBILE ART...CAHNEL

シャネルのモバイル・アート。レアンドロ・エルリッヒと束芋が印象的であった。
設計はザハ・ハディット。


○表参道のシャネルもモバイル・アート仕様。
R0015594


R0015595


R0015597


R0015598


R0015599


| | コメント (0) | トラックバック (0)

H-BOX...横浜トリエンナーレ2008

シャネル、エルメスと高級メゾンがアートプロジェクトを展開した2008年。
残念ながら、昨今の不景気の影響でシャネルのモバイルアートは予定より早く終了となった。
写真は横浜トリエンナーレ2008でのエルメスのH-BOX。


R0016660


R0016661


R0016663


R0016665


R0016667


R0016668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の展示の仕方

東京国立博物館で行われていた特集陳列「世界への扉ー東京国立博物館の洋書コレクション」(10月28日(火)〜12月7日(日))での展示風景。本の展示の仕方が参考になりました。

R0016723


R0016728


R0016730


R0016731


R0016724


R0016727


| | コメント (1) | トラックバック (0)

クリスマスのイベント

ヴィルヘルム・ハンマースホイ展
国立西洋美術館

国立西洋美術館で行われていたヴィルヘルム・ハンマースホイ展を見に行った。
クリスマス前ということもあり、ツリーを飾り付ける企画が行われており、
賑わっていたようであった。
R0016710


| | コメント (0) | トラックバック (0)

特設ブログ「タネたちの今」...倉敷芸術科学大学

仕事がら卒展のサイトを見る機会が増えた。
また大学で運営するブログというものを考えさせられる機会も多い。
倉敷芸術科学大学の卒展サイトはよく出来ていると思うのだが、一点だけ気になる点があった。

○特設ブログ「タネたちの今」
http://maxa05.kusa.ac.jp/ge/blog/index.php?blogid=1
「タネ立ちの今」は倉敷芸術科学大学の卒展ページにリンクされている特設ブログという位置づけである。作品(と学生?)の観察日記風のスタイルで制作の様子を見せていこうという試みだったと思うが、卒展が始まった1月20日現在で、ブログのエントリー数は15。11月にアップされた後はほとんど動きが見られなかった。ブログは頻繁な更新を期待させるメディアだけにもう少しエントリーが欲しかった。
ブログの内容を卒展HPのトップページからも見ることができるように作られているのであれば、あえてブログとして独立させないほうがよかったのではないだろうか。

○倉敷芸術科学大学卒展
http://www.kusa.ac.jp/arts/ge/pc/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年2月 »