« What’s Good Design 2008 | トップページ | チャールズ・イームズ写真展 »

XXIc.−21世紀人

XXIc.−21世紀人
2008年3月30日〜7月6日
21_21 DESIGN SIGHT

「三宅一生ディレクション」を打ち出した展覧会。以前のWater展に比べれば、コンセプトが弱く作品の魅力も少ない。「21世紀人」とはなんなのか、それはさっぱりわからない。だたベン・ウィルソンの人が中に乗る形の一輪車の制作・試走映像は面白かった。どうやら自走ができないらしい。映像にはしっかり後ろから支えている人が写っていた。そこがまた良い。それ以外には、デュイ・セイド作のスティックマンの「影」が記憶に残っている。

21c.ー21世紀人 21c.ー21世紀人

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

|

« What’s Good Design 2008 | トップページ | チャールズ・イームズ写真展 »

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/22501506

この記事へのトラックバック一覧です: XXIc.−21世紀人:

« What’s Good Design 2008 | トップページ | チャールズ・イームズ写真展 »