« 「ユビキタス」を使ってみた | トップページ | 菅野美術館 »

寺山修司展をデザインする

寺山修司展をデザインする
ジャグダ青森デザインキャラバン#3
2008年2月2日〜7日
青森県立美術館コミュニティギャラリー

R0015249

展覧会のポスターデザイン・コンペ

これから開催される展覧会のポスターを公開コンペで決める。これはなかなか面白い試みである。館内では職員が何枚かのデザイン原案を見ながら、これがいい、あれがいいと言い合うことはあっても、それを公開で決めようというのは珍しい。もちろん私も一票投じさせてもらった。

気に入ったものには何枚でも投票でき、写真も撮れたので、僭越ながら投票したものにそれぞれコメントを付けてみようと思う。

R0015250
普通の字体でつまらなさもあるが、そのぶん「寺山修司」の名前が力強く目に飛び込んでくる一枚。展覧会のポスターは何が行われるのか明確に伝わるほうがいいとの理由で選んだが、後で見返してみると思ったほど心に響いてこない。やはり字体はもう少し凝ったほうがいいのだろう。

R0015251
天井桟敷らしさ満点の一枚。ローマ字の間にちょこっと挟み込まれた寺山の顔がお茶目。ただ展覧会の名前が少し小さいのと、天井桟敷そのまんまのイメージになっているのが気になった。展覧会としての独自性をアピールできる要素が欲しい?

R0015248
会場に入ってまず目に飛び込んできた一枚。前述のものと同じ天井桟敷のモチーフを使ってはいるが、背景として上手く溶け込んでいる。展覧会名の可読性も高い。ポスター下部の寺山の群れ(だと思う)は、個人的にはちょっと苦手。

さて、注目の結果発表。選ばれたのは3枚目、チバレイコさんのもの。彼女はやはり青森県立美術館で行われた『舞台芸術の世界:ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン』(2007年9月29日〜10月28日)や国際芸術センターのアーティスト・イン・レジデンス展『裏糸:Under Thread』(2007年10月20日〜11月11日)のポスターを手がけているらしい。特に『舞台芸術の世界』のポスターは雰囲気がよく出ていて素敵なデザインだったと記憶している。

今回のプレイベント、約一週間で344名1206票の参加があったということなので、ひとまずは成功というところか。まずはプレイベントで盛り上げて、会期中の人の入りを後押ししたいという館の思惑が成功するかどうか、展覧会自体の入場者数にも注目したい。

会場風景
R0015253

|

« 「ユビキタス」を使ってみた | トップページ | 菅野美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/10558559

この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司展をデザインする:

« 「ユビキタス」を使ってみた | トップページ | 菅野美術館 »