« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

東北大学の至宝 資料が語る1世紀

東北大学の至宝 資料が語る1世紀
2007年11月2日〜12月9日
仙台市博物館

Img415

大学博物館の行く末は・・・

 近年、大学の生き残り戦略の一つとして大学博物館設立の動きが加速している。この流れと時を同じくして、東北大学でも博物館建設計画が進んでいる。近い将来新設されるであろう総合学術博物館(現在は理学部自然史標本館に間借り)における展示の成否を占う意味でも、開学100年を祝う本展の成果は気になるところだ。

 結論から言って、この展覧会は視覚的な面白さに欠ける。例外は自然史標本館の収蔵資料と河口慧海関連の展示である。考古資料もそれなりに眼を楽しませてくるが、それは既視感のある展示品にすぎない。どこかで見た、そういう印象がぬぐえない。全体としては文献資料が多く、「至宝」といえど眼福は今ひとつ。最高学府として大学が積み重ねてきた業績には確かに目を見張るものがあるのだろうが、それは視覚的に理解するというよりは解説を読むことで理解される。誇らしげに飾られた教授先生たちの写真にも辟易だ。安井曾太郎の≪T先生の像≫も構図の妙に触れられず、ただの似顔絵としてそこにある。

これら300点以上の展示品数を「充実」と捉えるか「過多」と捉えるかは展示品の魅力によるところが大きいが、私には展示品が「多い」と感じたし、分野が多岐にわたりすぎていて散漫な印象もあった。

 もちろん大学のPRという意味では、これでよいのかもしれない。狩野文庫始め貴重な文献が収蔵されていることを学外の人に知ってもらう良い機会となったことは確かである。ただし研究のPRという点に重きを置くのなら、現在であればサイエンス・カフェ等、市民参加のイベントのほうが博物館での展示という形態よりも半歩先を行っているように思う。

博物館に展示されるのは過去の遺物であり、今行われている最新の研究ではない。どうしても過去の研究成果の記念碑的な展示になってしまう。展示の流れや解説文において、東北大学の「今」の研究と展示品とがどう結びついているのか、その点をもう少し明確に語ってほしかった。ミュージアムといえどもブランディングが不可欠の現在、総合学術博物館は自らの魅力をどう人々に訴えていくのか。東北大学の博物館というだけでは、人々を惹きつける展示にはならないだろう。

追記:
新たに大学博物館を建てるよりは、大学全体をミュージアムと見立てたほうがよっぽど面白そうだ。それなら科学館も真っ青の最新機器も「展示」できる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

芹沢銈介があつめた仮面

芹沢銈介があつめた仮面
2007年10月1日〜12月17日
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館

Img414

アフリカの仮面が充実。

 芹沢銈介と仮面。このつながりは僕には全く意外だった。「民芸運動のデザイナー」というイメージが強い芹沢だが、彼がプリミティブな造形を好み、仮面の収集に力を入れていたことを今回初めて知った。充実していたのはアフリカやパプア・ニューギニアの仮面である。日本の仮面に留まらない蒐集は、民芸運動からの影響というよりは芹沢自身の興味関心から始まったのだろう。

 観る者は仮面のユーモラスな造形にまず目を奪われるかもしれない。だが、しばし向き合って眺めてみれば、ユーモラスと見えた表情の裏にも得体の知れない迫力が潜んでいることに気がつくだろう。いずれの仮面にも畏怖を感じる。それは彫り込まれたエートスゆえだろうか。これらの仮面、「自由な造形」というよりは、そう成らざるを得ない、ある種の「制約された造形」と感じる。いわば成るべくして成った形。作り手にとってはそれがリアルな世界だった、そう思える。

 展示に関しては、いささか不満な点もあった。明らかにインド・オリッサで信仰されているジャガンナート神を表象したとみられる資料が、ただインドの仮面と記されていたように、国名止まりの表記が多いのが気になった。展示を裏付ける研究が不足しているのではないか、そういう疑念が生じてしまう。情報をどこまで表記するかは館の判断もあるだろうが、それがどこの地域の何という資料であるのかははっきりと示してほしい。図録が出ていない以上、興味を持った人が後で調べるにはキャプションの情報に頼ることが多いのだから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台芸術遊泳2007シリーズ1

仙台芸術遊泳2007シリーズ1
光と遊ぶ・闇と遊ぶ
2007年11月13日〜25日
宮城県美術館

R0014740


文句なしに面白い!

 「五感の都市へ」が合言葉の仙台芸術遊泳。11月13日から12月27日の間、市内外の随所で展覧会やワークショップが繰り広げられる。その口火を切ったのが、現在宮城県美術館で行われている「光と遊ぶ・闇と遊ぶ」だ。

 仙台にも拠点を置く映像集団WOWがまたやってくれた。昨年、せんだいメディアテークで行われたインスタレーション「MOTION TEXTURE」の大成功も記憶に新しいが、今回展示されたのはWOWLAB名義の≪Light Rain≫と≪Tengible≫。

 ≪Light Rain≫はWOWのアートディレクター鹿野護の≪People Forest≫と発想は同じで、投影された映像と鑑賞者が関わることで動きの変化が楽しめるというもの。鑑賞者は落ちてくる光の雨粒を自らの「影」を使って受け止めることができるし、手を動かして波を作り出すこともできる。誰もが楽しめ、誰にも分かり易い。予期せぬ映像の変化は鑑賞者同士のコミュニケーションを生む。そしてなにより映像が美しい。一方の≪Tengible≫には玄人好みの魅力がある。スクリーンを隔てて向こう側には、いくつかの瓶が並んでいる。その瓶のシルエットを基調に、まるで影絵遊びのような映像が投影され、モノトーンのおかしみある世界を作り上げている。こちらも必見だ。

 この他、ICCにも展示がある武藤努の≪Optical Trajectory 2≫、高速回転することで仮想の立体が生まれる松村泰三の≪surface≫シリーズなど十分に眼を楽しませてくれる作品が設置されている。これで入場無料とくれば、行くしかない!

なお、仙台芸術遊泳2007は、先日レポートした「街かど美術館 アート@つちざわ<土澤>advance」同様、「平成19年度芸術拠点形成事業(ミュージアムタウン構想の推進)」(文化庁)として行われている。他会場の仙台芸術遊泳2007についても随時レポート予定。

Motion Texture DVDDVDMotion Texture DVD

販売元:ナウオンメディア(株)
発売日:2006/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街かど美術館

街かど美術館 アート@つちざわ<土澤>advance
岩手県花巻市東和町土澤商店街
2007年10月27日〜11月25日

Img412

「つちざわ」の地力、解放中。

 岩手県花巻市東和町土澤。萬鉄五郎の故郷であるこの地で「街かど美術館」なるアートプロジェクトが行われている。街全体を美術館と見立てるアートプロジェクト自体に目新しさはないが、実際に見学しなければわからないこともある。どのくらいの人が訪れているのか、地元の反応はどうか、そもそも作品は面白いのか。まあ大した事はないだろう、そう高を括っていた。だが、現地に着いた瞬間それが見当違いであることに気がついた。人が多い。活気がある。期待が一気に膨らんだ。

 「街かど美術館 アート@つちざわ<土澤>」は2005年に始まり、今年で3年目を迎える。正確にいえば、2年目の続きと捉えるべきか。というのも、今回の出展作家は昨年の参加作家の中から選ばれた精鋭4人であり、今後は、誰もが自由に参加できる「街かど美術館」が1年目、今回同様の選抜形式で行われる「街かど美術館advance」が2年目、と2年サイクルの運営方針が打ち出されているからである。ビエンナーレやトリエンナーレと異なるこの2年サイクルは、地域住民や美術制作愛好家が「作家」として参加できる余地を残しつつ、アートプロジェクトとしての質も明確にしようという試みであろう。なるほど工夫したものだ。

R0014683 
まずは萬鉄五郎記念美術館から見学。萬の画業の中でめぼしい作品は東京国立近代美術館や岩手県立美術館などに収蔵されていることもあり、やはり観るべき作品は少なかった。ただ解説パネルに萬の生涯のトピックを描いたイラストが載せられており、これはなかなか面白かった。なお同美術館内に今回の「街かど美術館」の出展作家、渡辺豊重の作品が多数設置されていたが印象は薄い。私としては他の3人の仕事に惹かれた。

 沢村澄子の作品は書。カフェや洒落た居酒屋の壁が良く似合いそうな作品で、室内装飾としても魅力的だ。異彩を放っていたのが鎌田紀子である。彼女の作品は「キモカワイイ」と表現される人形たち。人形本体の魅力もさることながら、彼女はそれが置かれる「場」の雰囲気を捕まえるのが上手い。銭湯での展示が良い例だろう。不特定多数の人間が裸で行き交った銭湯は、いわば日常にある非日常。かつての利用者たちが銭湯に残した情念すら人形に宿るかのようなインスタレーションが出来上がっている。

R0014705
沢村澄子の作品。
R0014731
鎌田紀子の作品。

 そして松本秋則。その名前はすっかり忘れてしまっていたが、彼のサウンド・オブジェを前にして、以前読んだ本に似たような作品が紹介されていたことを思い出した。2004年に神奈川県立近代美術館で行われた「きょうの はやまに みみをすます」という教育普及プログラムについて書かれた本だったが、帰って調べてみるとやはり彼の作品を使ったものだった。実際に彼の作品を前にすると、このサウンド・オブジェを使おうと決めた教育普及担当者の選択も納得がいく。実に心地のよい音色がする作品で、動きの面白さもある。その集大成が「森永ミルクセンター奥の倉庫」をまるまる使ったインスタレーション。幻想的な空間の演出が訪れる者を魅了する。松本は各所で素晴らしい表現をみせてくれた。

R0014714
ミルクセンター奥の倉庫。

R0014723
倉庫内、松本のインスタレーション1。

R0014716
倉庫内、松本のインスタレーション2。

R0014733
他の場所にある松本の作品。

 総じて、「街かど美術館」advanceは、遠方から訪れた者の期待をもしっかりと受け止めるだけの質の高い作品で彩られていた。イベントとしては間違いなく成功であろう。ただアートプロジェクトとしての成否が問われるのはまだ先のこと。現実には過疎が進んでいるようだ。常に行われているわけではないアートプロジェクトは、美術館と異なり集客効果の持続性に弱さがある。とはいえ、「つちざわ」には様々な方向性をもったエネルギーが集まっていた。「つちざわ」に変化を起こそうと尽力する者、作家として「つちざわ」と向き合う者、変化のうねりに引き寄せられる観客、その変化を記述し研究しようとする者などなど。これらのエネルギーは着実に今後の「つちざわ」の変化の糧となるだろう。それぞれの思惑が交差する「つちざわ」から、今後も目が離せない。


続きを読む "街かど美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アート・記憶・場所

アート・記憶・場所
2007年10月6日〜11月25日
岩手県立美術館

Img411

概念と表現、求められる高次元の融合

 「アート・記憶・場所」というコンセプチュアルな展覧会が岩手県立美術館で行われているが、一つの作品にとてつもない衝撃を受けた。始めに言ってしまえば、失礼ながらその作品以外、時間をかけて観るべきものはほとんどなかった。コンセプトを全面に押し出したタイプの展覧会は好むところであるが、どうも片手落ちという印象である。ただし、その一点の作品を観るために足を運ぶ価値はある。

 たった一つの魅力ある作品を制作したのは、越後妻有アートトリエンナーレ2006の出展作家でもある、栗田宏一。<SOIL LIBRARY PROJECT/岩手>と名付けられた作品は、岩手県内で採集した様々な場所の土を乾燥させ、正方形の和紙の上に整然と盛りつけることで、私たちが普段何気なく見ている土にも様々な色、個性があることを静かに伝えている。展示において目に見える作家の表現といえば、数ある紙の中から正方形に漉いた和紙を選び、土をその上に正方形に載せること、そしてそれを整然と並べるというだけである。最低限の表現であるが実に美しい。土が持つ本来の色が観る者の心を深く捉える。栗田の作品は、いわば素材の味を大切にする料亭の味。コンセプトを最も明瞭に伝える手段として丹念に表現が切り詰められている。しばらく座って土の個性をじっくり眺めるのがよい。

 他の出展作品について多く語るべきことはないが、共通して気になった点が一つある。コンセプトに対して表現が付いて来ない。どんなにコンセプトを大上段に振りかざしても、表現された結果である作品に鑑賞者を惹きつける力がなければ意味はない。鑑賞者は解説パネルの文章をただ読んでいるようなものだ。それでは作品としての説得力に欠ける。いかに理論で武装しようとも鑑賞者が展示室で向き合うのは作品である。少なくとも私が美術館で観たいのは作品であって、作品の制作背景となった知識ではない。概念と表現の高い次元での融合が求められる。

 それはともかく、「アート・記憶・場所」では企画意図や作家紹介、出品リストを一つにデザインしたパンフレットを配布してくれる。カタログを買うのはちょっとというお客様にとっても嬉しいところだろう。ピカソ展の際には見あたらなかったので独自企画の時に限られるのだろうが、他館では往々にして誠に味気ない出品リストが配られるか、ただ展示室に置いてあるものだ。この他、岩手県立美術館では冊子『aprire(アプリーレ)』の刊行も続いている。後々参照できる配布物にも力を入れる同館の姿勢に私も学びたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上村松園 伝統と近代

上村松園 伝統と近代
2007年10月6日〜11月11日
福島県立美術館

Img410


優美な描写に惹きつけられる

 福島県立美術館で上村松園展を観た。あまり興味はなかったのだが、宮城県美術館で先日まで行われていた日展100年展の余韻も残っていたので出かけることにした。仙台からバスで一時間ちょっと、時間的には遠くない。

 平日にもかかわらず、なかなかの人の入り。お年を召した方が多く訪れていた。上村松園の人気が垣間見られる。確かに絵は美しい。「幽玄」と一言で言い表すのは簡単であるが、それを支える技巧と観察眼を思うと絵に力強さすら感じとれる。展示においても松園の力量を示すため、キャプションに他の画家の描いた同主題の絵を載せていた。その比較が際だっていたのが<蜃気楼>である。比較対象としてあげられたのは蠣崎波響の<夢蛤美人図>。波響の絵では蛤の絵と美人の絵が無理矢理組み合わされたようで観ている方も居心地が悪いが、松園の絵は双方が上手く組み合わされ一つの場面として調和している。写真ではなく実物を用いて波響と松園の比較ができれば嬉しかった。

松園には構図の妙があるが、彼女の描写の魅力はそれだけではない。かんざしや扇子といった小道具も含め、細部に至るまで丹念に描かれている。また薄衣やすだれ等、透ける部分の表現は特に際だっており、それは大作<楊貴妃>に十全に表れている。

ふと隣り合う絵の着物の色や柄が似ていることに気がついた。展示を考える際に配慮したのであろうか、その点も含め作品の順序や配置に非常に気を配られていた展覧会であったように思う。また、この展覧会では下絵が見られたのが面白かった。代表作である<花がたみ>の下絵も展示されていた。修正箇所に新たに和紙を貼り重ね、筆致を修正していく様が見て取れたし、本作と見比べると着物や帯に意匠の変化も見出せた。

 展示以外の部分も満足行くものだった。福島県立美術館では特別展会場内も含め要所要所に休憩所が設けられており、展示室から竹や紅葉に彩られた外庭を眺めることができる。秋の深まる気配を感じながら、優美な描写の松園の絵と向き合う。それは格別の時間であった。

なお常設展では、伊砂利彦という作家の展示が目を引いた。型染めの作家のようだ。ドビュッシーのプレリュードに着想を得た、モノトーンの抽象表現が美しかった。こちらは12月27日まで観られるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みるみる手をつなごう

参加型アートイベント「みるみる手をつなごう」
2007年10月18日〜23日
八戸市美術館

パレスチナ、世界の子どもとアート

 10月18日から23日の間、参加型アートイベント「みるみる手をつなごう」が八戸市美術館で開催された。展覧会の中核を担ったのは世界の子どもたちが描いた作品であり、私は世界の子どもたちの絵を観る機会に恵まれた。これらの作品はNPO法人パレスチナのハート・アートプロジェクト(代表上條陽子氏)の活動を通じて子どもたちが描いたものである。同団体はレバノンのパレスチナ難民キャンプ他で絵画指導を行っており、本展はその成果報告の意味もある。

期間中には「子どもワークショップ」も企画されており、小学生までを対象に「大きな自画像を描こう!」というプログラムが行われた。このプログラムは同団体がこれまで世界の子どもたちと一緒に行ってきたプログラムと基本的に同じであるとのこと。つまり目の前に展示されている作品と同じやり方で作ってみることができるのだ。その点を意識させるような言葉がけをすれば、展示室の作品を鑑賞しながら子どもたちの興味を引き出せただろうが、残念ながらワークショップは予定が合わず見学はできなかった。私が訪れた時にはすでに八戸の子どもたちがワークショップによって制作した作品も展示された状態であった。

上條氏にうかがった話では、パレスチナでは学校教育(調べてみると学校は国連が運営)のカリキュラムの中に描画や鑑賞は含まれていないということだった。見たことや感じたことを表現できる美術を、戦争の災禍にさらされた子どもたちだからこそ取り入れてほしい。日本から出前でワークショップに赴くことの意義は絵画を教えるということ以上に、絵画を通じて子どもたちと時間を共有することで彼らの世界を少しでも広げることができるという点にあるのだろう。

課題と感じられたのは、子どもたちの作品の管理についてである。子どもたちの作品は厚紙で裏打ちを施されていたのだが、処理に不手際があったのか、だいぶしわが目立ってしまっていた。この点は今後何らかの改善策を検討する必要があるだろう。

会場風景
R0014575

R0014581
難民キャンプでのワークショップの様子が映像や写真で紹介されていた。

続きを読む "みるみる手をつなごう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DOTMOV2007Live

DOTMOV2007ライブ・パフォーマンス
2007年11月4日
せんだいメディアテーク

 未知なる才能の発掘と作品発表の機会創出を目的に開催されるデジタル・フィルム・フェスティバル、DOTMOV。11月4日、仙台会場だけの特別企画として、ポスト・ロック・デュオSUBTLEの瀬川裕太氏によるライブ・パフォーマンスが行われた。なんでも「空間でミックスされ聴く人の中で完成する音楽」ということらしい。

なるほど会場には複数のスピーカーが会場を囲むように設置され、そこから少しずつ違う音が流れている。そこに演奏者がギターで音を足し、観客は会場内を自由に移動しながら音を拾っていくという趣向。そうはいっても音楽に疎い筆者のこと、メロディーらしいメロディーがないライブといかに付き合ってよいのか皆目検討もつかない。空間に溢れる音に耳を刺激されても、残念ながら周囲に溢れる音から意識的に音楽を完成させるまでには至らなかった。リズムを感じて身を動かす人もいたようなので、敏感な者は音を楽しめたと見える。

音を音楽にすることは叶わなかったが、DOTMOV2007の出品作品が会場の3面に投影され、映像と音のインスタレーションとして空間を味わうことができた。映像作品の音が本来付されている音ではないのも一興だし、モニターで見るのとプロジェクターに投影されるのではまた雰囲気も違う。DOTMOV2007のオープニング・イベント的な意味合いにおいて成功したといえるのではないか。

ただ会場に椅子が用意されていなかったのは残念だ。観客が移動しながら音の変化を感じることがこのライブの眼目であるとはいえ、1時間半まるまる立ちっぱなしというのはやはり厳しい。中盤以降、壁に寄りかかる者、座り込む者が増えたことからもそれは明らかだ。長椅子等をランダムに配置したり、壁際に休憩スペースを設けるなど工夫があれば嬉しかった。

なおDOTMOV2007自体は、11月1日〜11月14日の間せんだいメディアテーク7階で開催されており、豊かな構想に裏打ちされた映像作品を楽しめる。

会場風景
R0014625

R0014636

R0014637

R0014646

R0014650

動画(約4分半)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金刀比羅宮 書院の美

金刀比羅宮 書院の美 
応挙・若沖・岩岱から田窪まで
2007年10月1日〜12月2日
2007年12月29日〜2008年1月31日
金刀比羅宮(香川県)

Img408

デザイナー若沖、圧巻の奥書院

 「こんぴらさん」の愛称で親しまれている金刀比羅宮。現在、通常非公開の奥書院が公開されている。『金刀比羅宮 書院の美』、この展覧会は今夏、東京芸術大学大学美術館で開催されていたのだが見逃していたもの。東京の美術館ではなく、本家本元で見ることになろうとは思いもしなかった。金刀比羅宮は展示品が本来そこにあった場所であり、ホワイトキューブでは味わえない「何か」が生まれるはずだ。期待が高まる。

展覧会の体裁としては、表書院、奥書院、白書院、高橋由一館、宝物館の全五会場。五会場全てに入れる共通券を買うと、なんと一般で2000円(学生800円)もかかる。高い、かなり強気の価格設定だ。書院共通券だと1200円なので、多くの人にとってはそれで十分ということになるだろう。

円山応挙作の表書院障壁画は、四面がひとつながりの景色として描かれており、これぞ日本の襖絵という印象である。展覧会のポスターにも使われている水を飲む虎たちは、虎というよりは猫に近い。実にかわいらしい姿である。当時、実物の虎を目にする機会はほとんどなかったわけだし、身近にいる猫からイメージをふくらませたのだろう。それでも私見の限りでは、当時の他の虎図と比べて応挙の虎は上手である。

まあまあという印象の表書院に比べて、伊藤若沖の描いた奥書院は圧巻だった。<花丸図>においては余白の美という考えを捨てたのではないかと受け取れる表現をみせている。襖全面に規則正しく配列された花々は、咲き乱れるというよりも図案化された装飾的な花であり、植物標本のようですらある。明らかに野にある花を描いているのではない。枝振りや花弁の位置など、巧妙にデザインされた花は今見ても全く古さを感じさせない。実に耐久力のあるデザインだ。応挙はじめ当時の画家たちが障壁画に物語のある景色を描いたのに対して、若沖は全く異なるアプローチを採っていたことがわかる。奥書院を観るだけで、この展覧会を観てよかった、そう思える空間であった。翻って考えてみるに、東京でこれを観ていたらどんな感じだったのだろうという疑問が生じた。この空間がいかに再現されていたのか、見逃したのが悔やまれた。

なお、この展覧会はパリのギメ東洋美術館にも巡回することになっている。若沖の障壁画にフランスの観客がどのような反応を示すのか、興味は尽きない。アール・ヌーボーに親しんでいる者なら嫌いではないと思うが・・・。

田窪恭治が制作中の白書院障壁画については、未完成ということもありなるべくコメントは差し控えたい。一点だけ批判的なことを述べるとすれば、壁面に設置された有田焼の青と白の陶板は、書院の雰囲気に全くそぐわなかったという点である。
壁画に期待したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »