« オープン・スペース2007 | トップページ | エルネスト・ネト展 »

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
2007年9月26日〜12月17日
国立新美術館

Img405

一点豪華展示の<牛乳を注ぐ女>

 アムステルダム国立美術館所蔵のフェルメール<牛乳を注ぐ女>(あるいは<ミルク・メイド>)を日本で見る。この幸運は、アムステルダム国立美術館の改装によって実現した。もっとも私の目当てはヤン・ステーンのほうだが。

さすがにフェルメール、平日でも人が多い。注目のフェルメールは一区画に一作品という「一点豪華展示」の待遇を受けていた。順路が設けられている様は、今春、東京国立博物館で行われたダ・ヴィンチ展を彷彿させる。どこからか「なんだフェルメール、一点しかないのか」という声も聞こえたが、そればかりは仕方ない。そもそもフェルメールの作品は多く残っていないのだし、館にとって絶大な観光資源となる一枚なのだから、おいそれと貸し出しはしない。

さて、肝心の<牛乳を注ぐ女>であるが、小さい作品の上、結界から距離があるために、実に遠くからの鑑賞となる。本物が目の前にあるのだが、近づけず細部まで観ることができない。フェルメール目当ての人は単眼鏡を持参することをお勧めする。そうはいっても、順路をゆるやかに進みながらの鑑賞となるので、立ち止まってじっくり眺めるというわけにもいかないのが辛い。

フェルメールを見る部屋の前では3分ほどの映像が流されていたが、この映像、以前NHKでやっていた『世界美術館紀行』と同素材であった。気付いた人も多かったのではないだろうか。映像のほうが細部まで観ることができるのは、仕方のないことだがもどかしい。作品を知るという意味では、X線や赤外線調査のパネル写真が興味深い情報を与えていた。普段見ることができない部分に光を当てる。自分としてもそういう解説を心がけたい。

フェルメール、フェルメールと書いてきたが、この展覧会はフェルメール頼みというわけではない。展示室を見渡してみる。すると、パンフレットや告知には「オランダ風俗画」とだけ書かれていても、この展示が風俗画中に描かれた「女性」の姿を執拗に追っていることに気づく。とすれば、<牛乳を注ぐ女>は極めて適切にアイコンとしての機能を背負っている。卵が先か鶏が先かは分からないが、展示構成に一本筋が通っており、有名作品に「おんぶにだっこ」の企画ではない。17世紀のオランダ絵画の黄金期から19世紀後半まで、観る者は絵画と銅版画に描かれた「女性」の変化を知ることになる。

本展ではヤン・ステーンに代表されるが、17世紀は画中の人物・事物に「寓意」を読むことができる。それは現実を写実的に表現しただけではなく「作られた構図」であることを意味しているが、展示に従えば、時代が進むとその寓意は消えゆくらしい。フランスの侵攻によって黄金時代は終わりが告げられ、19世紀を迎えると、近代化あるいは機械化という社会の大きな変化がある。それによって、農村に対する憧憬的描写が生まれていき、女性像にも「理想化された農村」が反映されていくのが面白い。これまで19世紀のオランダ絵画にほとんど目を向けて来なかったこともあり、勉強になった。

なお会場には画中に登場する楽器や工芸品の展示もある。とくに楽器はオランダの室内を再現した展示スペースに置かれており、雰囲気を高めている。

|

« オープン・スペース2007 | トップページ | エルネスト・ネト展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

単眼鏡がないと細部まで見られないのは
ちょっと残念ですが、それでも本物が
都内で見られる幸せ実感してきました。

ヤン・ステーンもこの展覧会で
見直すきっかけとなりました。

TB送らせていただきます。

投稿: Tak | 2007年10月13日 (土) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/8315254

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展:

» 「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」 [弐代目・青い日記帳 ]
国立新美術館で開催中の 国立新美術館開館記念「アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」に行って来ました。 アムステルダム国立美術館(通称ライクス)にアスベスト問題が降って湧いたのが2003年5月。本館を閉館しフェルメールやレンブラントの作品もしばらく観られないのかと落胆していたら、主だった作品(マスターピース)を特別展示場のフィリップス・ウイングで公開と決まり一安心。 1998年7月閉鎖前のライクスにて撮影。 2005年3... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 10時29分

« オープン・スペース2007 | トップページ | エルネスト・ネト展 »