« 千總コレクション 京の優雅 | トップページ | オープン・スペース2007 »

メルティング・ポイント

メルティング・ポイント
2007年7月21日〜10月14日
東京オペラシティ・アートギャラリー

Img403

あなたは作品と融合できましたか?

 本展「メルティング・ポイント」は、ジム・ランビー、渋谷清道、エルネスト・ネトによるインスタレーションで構成される。私なりに各作品の特徴を言い表してみよう。ランビーは「派手」、渋谷は「静謐」、ネトは「温和」である。これぞ現代美術という作品たちは、観る者の期待を裏切らない。

展覧会名にこめられた意味は、次の通り。「メルティング・ポイントとは、<融点>を意味する言葉で、固体が融解し、液化する温度であるとともに、固体と液体が共存する瞬間でもあります。異なるものが同時に存在する場所であり、作品が空間や人に作用し、変化していく様子を象徴的に表しています。」

色彩が特徴的なランビーのインスタレーションでは、融解を視覚的に感じ取ることができる。規則性のある床面の上で不規則な融解を起こす絵具。強烈なインパクトであるが、これはある意味わかりやすい。作品と鑑賞者の融解を誘発するという意味では、渋谷とネトのインスタレーションの方により強い働きかけを感じる。

渋谷の展示空間に入る前、まず靴を脱ぐことを強いられる。茶室の躙り口のような「入り口」があり、姿勢も強制される。ただ、その「入り口」をどのように抜けるかは訪れた者の自由である。身体感覚が刺激され、ちょっとした作家気分でパフォーマンス。身体を動かしながら展示室を移動する。展示室にはそれが許される雰囲気がある。さらに奥へ。

ネトのインスタレーションはどこか温かい。ストッキングの生地のような巨大な布が2枚、その間を有機的な柱がつないでいる。布にはところどころに穴があり、そこから頭を出して覗けば知らない人と「こんにちは」の状態になる。友人曰く、「モグラ叩きのモグラの気分」。たったこれだけの仕掛けだが、面白く、そして温かい気持ちになるのはなぜだろう。本展には「ナビゲーターによる対話型のギャラリー・クルーズ」の日が設けられている(日程要確認)。参加できればきっともっと楽しくなるはずだ。

3人の質の高いインスタレーションによって展示室がいい雰囲気、遊べる雰囲気を生んでいる。現代美術によって研ぎ澄まされた空間で、感覚を解放する心地よさを堪能できる。この展覧会、行って損無し。

余談であるが、本展ではパンフレットとカタログの表紙が出展作家ごとに三種類準備されている。自分の好みの作家を選べるよう工夫されているのが嬉しい。

Img401
ジム・ランビー版

Img402
渋谷清道版

|

« 千總コレクション 京の優雅 | トップページ | オープン・スペース2007 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/8050367

この記事へのトラックバック一覧です: メルティング・ポイント:

« 千總コレクション 京の優雅 | トップページ | オープン・スペース2007 »