« メルティング・ポイント | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »

オープン・スペース2007

オープン・スペース2007
2007年4月19日〜2008年3月9日
NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)

Img400

無料で一日中楽しめる

 「メディア・アートって面白い!」、ICCに来れば誰もがそう思うだろう。参加者が触れたり、操作したりすることで機能する作品たちは難しい理屈抜きに楽しめる。もちろん、ただ楽しむだけではなく、作品に対する新鮮な驚きは、それらを支えている技術や発想に対する興味を否応なく高める。デジタルとアートの理想的な融合がここにある。

なかでも特に面白いと感じたものをいくつか紹介しよう。まずは視覚的な驚きが強烈な印象を与えるグレゴリー・バーサミアンの<ジャグラー>。オレンジのワイヤーフレームの人形がジャグリングをしているように見える作品である。アニメーションの原理を単純だが効果的な方法で体感させてくれる。

長い作者名が特徴的な、橋本弘太郎 dpa project 科学技術振興機構(JST)東京大学<Sharelog>は、SuicaやPASMOをかざすと移動履歴が画面上に表示されるというものである。先に読み取られた他人の履歴が色違いで表示され、移動履歴によるある種一回限りのコラボレーションが生まれる。作品自体に派手さはないが、基本にある発想が非常に興味深い。

中居伊織の<streetscape>もコンセプトに共感できる作品だ。ある場所の道筋が刻まれたボードをタッチペンでなぞると、その街の道ごとの音を聞くことができる仕掛けである。大きな道は騒々しく耳障りな音で溢れる一方、小さな路地にも普段は聞き逃しがちな音があることを知る。街から他の要素を取り払い、「音」だけを味わう体験はなかなか得られない。そこから普段とは違う考えも生まれてくる。

展示作品はどれも甲乙付けがたいが、私にとっての一番となると、minim++の<KAGE>である。床から生えた「角」をつかむと影のように映像が表示される作品で、そこに作品と人とのやりとりが生まれる。表示される映像はそれぞれの「角」によって異なり、時間的にも短いため、何度でも触ってみたくなる。また影は床面だけでなく壁面にも投影される。タイドプール(潮だまり)で魚や貝を眺めて遊んでいるような、不思議な感覚を得られる素敵な作品。

また「階段を上がる」という何の変哲もない運動を喜びへと変える、音の出る階段<ゲイナーカイダン>も楽しい。本当に下手な遊園地よりも楽しめる、そんな場所が無料というのもすごいことだ。友達と一緒に訪れて、ただ観るだけではないインタラクティブ(双方向的)な作品たちを思う存分楽しもう。

|

« メルティング・ポイント | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/8148697

この記事へのトラックバック一覧です: オープン・スペース2007:

« メルティング・ポイント | トップページ | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 »