« 日本彫刻の近代 | トップページ | 閑話休題07 »

もとまちアート海廊

もとまちアート海廊(ウォーク)
2007年7月1日〜8月10日
宮城県塩竃市本町通り商店街一帯
R0013851
R0013819

アートプロジェクトの難しさ。

 塩竈市本町通り商店街を舞台に、もとまちアート海廊が行われた。一度足を踏み入れると、商店街の活性化が切実な問題であることがわかる。すでに街の機能は別のどこかに移りつつあるのだろう。

アート海廊の中心になるのが、廃銀行を利用した「美術計画」というプロジェクト。美術計画自体はアート海廊のために立ち上げられたものではない。「・・・と、ある場所の記録」をキャッチコピーに県内各地の利用されなくなった場所を舞台に展覧会を行っている。忘れられた場所にもう一度なんからの気配を生じさせるという美術計画の活動は非常に面白い。ただ、その場所が活かし切れていないという印象も同時に受けた。そこでなければ作れない、そこにしかない、そういう作品に出会うことができなかったことは残念だった。コンセプトに対してコンテンツが弱いと言うべきか。

同じ廃行内で上映されていた映像作品と高校生の作った段ボールのガンダムのほうに私は魅力を感じた。映像作品は金庫室に設けられていた。シルエットとして映る人、空を行く雲、あるいは街の「日常」の景色。記憶の中の「ある日の風景」とでも呼べる光景がつぎはぎされた作品で、これはなかなかに見ていられた。
 
段ボールで作られたガンダムは天井に届きそうな程の大きさである。それが計4体。よく作ったなあという感想だ。ただ、これは美術なのか、そう疑問を呈する人もいるだろう。なるほど主題は既成のキャラクターにすぎないし、独自の表現があるわけでもない。工作と言ってもいい。しかし、手のかかり具合で言えば、美術計画の作品と見比べても遜色はない。というより、美術計画の中でこのガンダム程に手がかかっている作品は少ないのではないか。かけた時間と労力のみで判断はできないが、存在感はある。

 アート海廊自体は前述の美術計画の他、各商店が「作品」を出展している。そのため商店を渡り歩くことになるのだが、そこにはいわゆる美術作品として観ることができるものはほとんどない。商店街の中に眠っているアートを呼び覚まし集客の力にしようという意志はひしひしと伝わってくる。だがそれゆえに、アートプロジェクトにおいて純粋に「鑑賞者」として商店に足を踏み入れるのは難しい。購買を期待される「来店者」として、ある種のプレッシャーが付きまとうのだ。

ある「場所」への注意を喚起するという意味では、作品が作品としてそこに存在する必要はなく、ただイベントを行えばよい。しかしプロジェクトがアートを手段とするのであれば、作品自体に力がなければ人を惹きつけることはできないのかもしれない。そのあたりにアートプロジェクトの難しさが見え隠れする。


会場風景

R0013823
R0013821
「美術計画」が使っている廃行と入り口。

R0013834
R0013825
映像作品と段ボールのガンダム。

R0013843
廃行内部。この階は寮だったらしく、小部屋毎に展示があった。

R0013844
屋上にあった作品。

R0013852
商店街の期待を感じるが・・・。

|

« 日本彫刻の近代 | トップページ | 閑話休題07 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/7745974

この記事へのトラックバック一覧です: もとまちアート海廊:

« 日本彫刻の近代 | トップページ | 閑話休題07 »