« 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 閑話休題01 »

吉村作治の早大エジプト発掘40年展

吉村作治の早大エジプト発掘40年展 その2
2007年5月25日〜7月22日
仙台市博物館

『吉村作治の早大エジプト発掘40年展』では、関連イベントとして「わたしもファラオ ヒエログリフで遊ぼう」が常時行われています。

R0013422
R0013424

ご覧のように盛況でした。土日などはもう少しスペースを広くとってもよいかもしれませんね。ヒエログリフのスタンプを使って自分の名前を書いてみようという趣向ですが、みなさん、自分の名前のスタンプを選び出す作業に苦労されているようでした。

ちゃんとエジプトらしくデザインされた台紙にスタンプを押せるので来館の記念にもなります。実はこの台紙、カルトゥーシュと呼ばれるファラオのみが使用できた枠が描かれています。特別展会場内にはその枠を見ることができるスフィンクスもありました。だからイベント名が「わたしもファラオ」なのですね。このイベントに参加した人は、カルトゥーシュとはどういうものか?を知らず知らずのうちに楽しみながら学ぶことができるという仕掛けです。これが学校での勉強とはまた違った博物館での学びの在り方であり、役割なのでしょう。

さて、その他にも古代エジプトのボードゲーム、マンカラで遊んでみたり、マンカラを実際に作ってみたりという企画もあって、特別展会場以外にもいろいろ楽しめるつくりになっています。また「古代エジプトの神々を動物園に見に行こう」というキャッチコピーで、近くにある八木山動物公園との連携も意識されています。古代エジプトにはスフィンクスやオシリスなど動物の形態をとる神々が多くいますが、最近の教育普及事業の一つの流行である<動物園との連携>を上手く取り入れた例といえます。

余談ですが、一階ギャラリーで流れている映像に「世界不思議○見」でおなじみのあの人がちょっぴりフレームインしています。収録にきていたようですが、興味のある方は気をつけてご覧下さい。

|

« 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 閑話休題01 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408077/6588222

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村作治の早大エジプト発掘40年展:

« 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 閑話休題01 »